記事一覧

2021新作 よく見ると分かる、クラシックなドレスウォッチに施された再定義。アーミン・シュトローム「トリビュート1」のブラックおよびブルーバージョンが登場


アーミン・シュトロームは、伝統と透明なメカニズムを融合し続けずにはいられません。
 アーミン・シュトロームが、ブランドのパイオニア的存在であるトリビュート1の新作モデル2種の発売を発表しました。クラシックなドレスウォッチにポストモダンな解釈を施したこの時計は2021年6月、わずか25本の限定モデルとして発売され、即座に完売となりました。18Kホワイトゴールド製バレルブリッジを搭載したグレーのトリビュート1 ファースト・エディション入手の機会を逃した熱狂的な時計ファンには、今がお手元のコレクションに新しいモデルを加えるチャンスです。ブラック・ダイアルとブルー・ダイアルの二つのリファレンスは、それぞれ100本の限定モデルです。


アーミン・シュトロームのオンタイムな独自のひねり
 アーミン・シュトロームのトリビュート1を遠目に見ると、クラシックな手巻きドレスウォッチとして目に映ることでしょう。魅惑的なスリムな形状をした38mmのステンレススティール製ケースのプロポーションは絶妙そのものです。ストラップはエレガントなアリゲーター製。パネライ 時計 人気何もかもオート・オルロジュリーのドレスウォッチに期待する外観です。しかし、じっくり眺めてみると、マスター・ウォッチメーカーのクロード・グライスラーが古くから伝わる時計製造の伝統を取り入れつつ、実はブランドのオンタイムな独自のひねりを心にとめる男女向けの時計スタイルを今一度、再定義していることにすぐに気づきます。



3つの妙
 アーミン・シュトロームのどの時計もそうであるように、トリビュート1も3つの妙を備えています。まずは、時・分・秒を表示する控えめなオフセンターダイアル。ダイアルとの強いコントラストが魅惑的な隣接するプレートにはグレナージュ仕上げが施されており、光の当たり具合によってダイアルの色調を一つのシェードから別のシェードへと微妙に変化させます。これだけでも十分特徴的なフェイスですが、アーミン・シュトローム選り抜きのタイムピースのホールマーク、バレルブリッジで一段と輝きが増します。そして、トリビュート1のリューズは2時位置に。装着感がより一層高まるディテールです。

 高効率のモーターバレルを搭載した自社製キャリバーAMW21のパワーリザーブは約100時間と驚異的。バレルの軸はメインスプリングの周囲を回転しています。


非凡な手仕上げ
 トリビュート1の特徴は、アーミン・シュトロームが心を砕きながらムーブメントに施す非凡な手仕上げにも表れています。クロード・グライスラーは次のように語ります。「この時計のディテールはどれも私を夢中にさせますが、仕上げはまた格別です。例えばバレル。タイムピースのダイアル側に見えるこのバレルは、手作業でていねいに装飾されます。これは非常に時間のかかる作業です。また、製造、ポリッシュ、装飾もすべて社内の人間が手作業で行っています。これは骨が折れる作業ですが、こうして高品質を確保し、一方でリーズナブルな価格も維持し続けているのです」



「理由は必ずある」
 アーミン・シュトロームの共同設立者であるクロード・グライスラーとサージュ・ミシェル、そしてこの二人のチームは、グライスラーが次のようにまとめる原則にのっとって作業をしています。「新しい時計が生まれる理由は必ずある」。表面に見えているメッセージはシンプルですが、その裏には一つの哲学が隠されています。ブランドは、ビンテージ懐中時計からインスピレーションを得ることも珍しくないクラシックな時計づくりの価値観と現代的なムーブメント革新の融合を実践し続けています。ブランドの時計は、新しくまた意味深い何かを時計作りの基準に捧げながら、それぞれが「ここにある意味」を生み出しているのです。


トリビュート1 ― 手巻き、手作業による仕上げ・クラフトマンシップ・装飾
 アーミン・シュトロームは、熱烈なファンが興奮でめまいを起こすほどのモデル、トリビュート1に、ブラック・ダイアルとブルー・ダイアルの新しい二つのリファレンスを用意しました。その製作上のキーワードは「手」です。この手巻き時計の仕上げやハンドクラフトマンシップ、装飾の多くが手作業で行われており、その一方で価格は1,980,000円(税込)と驚くほどお手頃です。ケースバックにエングレーブされた「1 of 100」の文字は、限定生産数を表しています。

【おすすめの関連記事】:http://klar.top

カルティエ(Cartier)静寂な空間を邪魔せず時の訪れを無音で知らせる


カルティエは、ジュエリーと腕時計のブランドです。ローマ数字を使ったインデックスと、メタリックなブルーの剣型針が特徴。また、宝石などをあしらわずとも時計自体のフォルムがシンプルで美しいと人気なメーカーです。



ベゼルに18Kのイエローゴールドを使用した、煌びやかなメンズウォッチ。ケース幅36mmで、クォーツムーブメントを採用したアイテムです。インデックスにはローマ数字とアラビア数字の両方が刻まれています。

また、3時方向にデイデイトが搭載しているのも特徴。ホワイトのダイヤルにブルースティール製の剣型針を合わせるなど視認性を高めているのもポイントです。



3時位置にデイト表示、6時位置にスモールカウンターを搭載しているのが特徴。カルティエ独自の機械式ムーブメントを積んだメンズ腕時計です。サファイアのケースバックから、ムーブメントの動く様子が確認できます。

ブラックのダイヤルにホワイトのローマ数字やポリッシュドスティール製のリーフ型秒針を合わせており、視認性が高いのもポイント。手元から上品な印象を与えられるアイテムです。

【関連記事】:http://meteorites.top/

ブライトリング《新時代の鼓動が聞こえるか?》

世界から総勢65ブランドが出店する日本最大級の時計展「三越ワールドウオッチフェア」。限定品、稀少モデルなどとともに奥深き時計の魅力にドップリ浸れる13日間は8月15日(水)からスタート! その前に、今回の注目モデルをフライング・チェックする。

BREITLING
ブライトリング/ナビタイマー 8 B01 クロノグラフ 43



SSケース、43mm径、自動巻き。83万円/ブライトリング・ジャパン︎ 03-3436-0011
大空へのロマンと確かな技術に裏打ちされた伝統を今に伝えながらも、ブライトリング新時代の幕開けを感じさせる「ナビタイマー 8」。オーデマピゲ 時計 メンズその名は、かつてコックピット計器などを製造するために社内に設置された研究機関「ユイット(仏語で8の意味)・アビエーション」にちなんだものだ。

本作は自社開発ムーブメント「キャリバー01」を搭載。ブルーの文字盤に、メタリックな30分積算計と12時間積算計、日付表示ウインドーという組み合わせが、潔いほどシャープな印象を与える。



SSケース、41.5mm径、自動巻き。59万8000円〜/ルイ・ヴィトン 0120-00-1854 ※価格はストラップにより異なります
仏語で太鼓を意味する「タンブール」は独特なケースフォルムが魅力。誕生15周年となった昨年、サイドを内側に凹ませた新ケースを採用する「タンブール ムーン」が登場、今年は深みあるブルーダイヤルも仲間入りした。

中央部にはお馴染みのダミエ・パターンをイメージしたデザインが施され、GMT針の鮮やかなイエローも美しい。ブランド時計 コピーその顔を眺めているだけで、心は旅へと誘われる。ストラップは簡単に付け替え可能。

※ルイ・ヴィトンは三越ワールドウオッチフェアには出店していません。日本橋三越1階にある、ルイ・ヴィトン 三越日本橋店にて取り扱い予定です。


【関連記事】:ベーシックかつ上品なデザインで、世界中のハイクラスな女性達を魅了し続けるCELINE(セリーヌ)

腕時計に込めた“カラクリワールド”の常識破りなスペック

小さなボディに仕掛けられた壮大なカラクリワールド。厳しい環境に立つ使い手のために開発された常識破りのスペックをご覧あれ。

RICHARD MILLE
リシャール・ミル/RM 53-01 トゥールビヨン パブロ・マクドナウ
優雅さに秘めたタフネスはポロにふさわしい



年内発売予定。カーボンTPTケース、縦49.94×横44.5mm、手巻き。1230万円[予価]/リシャールミルジャパン 03-5511-1555
ポロ競技のチャンピオン、パブロ・マクドナウ選手のために開発された。フランクミュラー レディースエレガントに見えるポロも、馬上から全力で振られるマレットの衝撃は破壊的で、2012年に発表された第1弾は、これに耐えるためにチタンの鎧で全面が覆われていた。

第2弾の新作は、時計では初めて薄いポリビニールフィルムを2枚のサファイアクリスタルで挟み、たとえヒビが入ることはあっても砕け散ることはない。

さらに0.27mmの極細ケーブルを使ってムーブメントを吊るすサスペンション構造を採用。デリケートなトゥールビヨンを振動や衝撃からしっかりと守るのだ。

PANERAI
パネライ/ラジオミール 1940 ミニッツリピーター カリヨン トゥールビヨン GMT-49MM
海で磨かれた革新のミニッツリピータ−

K18レッドゴールドケース、49mm幅、手巻き。3900万円/オフィチーネ パネライ 0120-18-7110
航海では時間は船鐘で伝えられ、海の世界と深く関わるパネライにとって、ミニッツリピーターの導入は当然の帰結だったのだろう。

通常の2つではなく3つのハンマーを持つカリヨン式を採用し、単音で時と分、3連音で10分を示す。これも一般的な15分ではなく、10分ごとにすることで、音でも時刻がよりわかりやすく確認できるのだ。

もうひとつの画期的な機能は、セカンドタイムゾーン機構に合わせ、時間を選べること。9時位置のセレクターがホームとローカルのいずれかの時間帯を表示し、その現在時刻を時打ちで知ることができる。

旅をより優雅に変える、心憎い機構である。

ANGELUS
アンジェラス/U50 ダイバー トゥールビヨン
常識を覆すトゥールビヨン搭載ダイバーズ



チタンケース、45mm径、手巻き。357万円/ブローバ 0570-03-1390
ブランド初のダイバーズウォッチにして、なんとトゥールビヨンを搭載。

しかも300m防水とヘリウムの自動減圧バルブを装備した本格機能にもかかわらず、回転式インナーベゼルに、スケルトンダイヤルという従来の常識を覆す仕様に驚きを隠せない。

4年をかけて開発されたムーブメントは、地板と受けという通常の構造ではなく2枚のプレートに挟み込まれるように設計され、オープンワークにより大幅な軽量化を図る一方、剛性にも優れる。

また、スポーティでありながら、どこか伝統的なドレスウォッチの面影を残すルックスも魅力のひとつ。シンボリックな6スポークデザインは、ダイビングのようなハードな環境下でも精度を守る。


【関連記事】:高品質かつおしゃれで使いやすい!