記事一覧

ティソ「Tissot Seastar 1000 Automatic」 に 2021年夏の日本限定セットが登場

TISSOT(ティソ) を代表するダイバーズウォッチ、 「Tissot Seastar 1000 Automatic(ティソ シースター 1000 オートマティック)」 から、2021 年の新色である深いグリーングラデーションダイアルに 、 オンでもオフでも ど ん な シーンに も マッチするブレスレットと ラバーストラップを スペシャルケースに収めた日本限定セットが登場します。



Tissot Seastar 1000
Automatic は、 30 気圧防水( 300 m/1000 f ee t という 高い防水性能、それを可能にする ね じ込み式リューズ&ケースバック構造、そして対傷性能に優れたセラミックを採用した逆回転防止ベゼルを装備。

ダイバーズウォッチとしての本格仕様に、シティスタイルに溶け込むエレガントなデザインが世界中で人気を博しています。
ダイバーズウォッチとしての高い機能性とスッキリ と し た エレガントなデザインで特に人気の高い オートマティックモデル。

2021年の新色であ る グリー ン グラデーション ダイアルをスペシャルな日本限定セットとして発売します。
※この限定セットはTISSOT 直営ブティックおよび公式オンラインストアのみでの販売となります。

【仕様】
ティソ シースター 1000 オートマティック 日本限定セット
T120.407.11.091.01
グリーングラデーションダイアル/ステンレススチールストラップ&ラバーストラップ
税込価格 ¥91,300(本体価格 ¥83,000)



[ムーブメント]
自動巻き、Powermatic 80[パワーマティック80]ムーブメント
最長80時間ロングパワーリザーブ、23石、21’600振動/時

[ケース]
316Lステンレススチールケース
ケース径:43mm ケース厚:12.7mm
30気圧防水(300 m/1000 ft)、 セラミック製ベゼルリング、 逆回転防止ベゼル、 ねじ込み式リューズ&ケースバック、 シースルーケースバック、 傷防止加工サファイヤクリスタル風防

[ダイアル]
時針、分針、秒針、デイト表示、 インデックスと針にSuper-LumiNova®コーティング



[ストラップ]
ステンレススチールブレスレット
フォールディングセーフティークラスプ、 ダイバー用エクステンション
ラバーストラップ(付属)、 スタンダードバックル

【関連記事】:人気ブランドのアイテム続々入荷中!

ジラール・ペルゴ 「ロレアート アブソルート インフラレッド 中国限定」を発表

ジラール・ペルゴは、この度、フォージドカーボン製文字盤を備え、中国市場向け限定で製作された新モデルを発売いたします。この新モデル、ロレアート アブソルート インフラレッドの登場によりジラール・ペルゴは、興味深い時代を迎えました。ジラール・ペルゴにとって創立 230 周年となる今年は、ブランド初となる中国での新ブティックのオープンが予定されています。他のアブソルート モデルと同様に、新しいロレアート アブソルート インフラレッドには現代的な素材を使用しています。このモデルでは、PVD 加工が施されたグレード 5 のチタン製 44mm ケースに、際立つ赤がアクセントの個性的なフォージドカーボン製文字盤を組み合わせています。そして、前衛的な外観とは対照的に、ジラール・ペルゴの伝統的な時計製造技術が発揮された自社製ムーブメントを備えています。


ジラール・ペルゴには、アジア市場での長年にわたる歴史があります。160 年以上前に、創設者の 1 人であるコンスタン・ジラールの義理の弟、フランソワ・ペルゴは、アジアで生活し、働いていました。中国は、以前から活力に満ちた市場であり、ジラール・ぺルゴにとって重要な存在です。数年前には、中国市場向け限定で製作したクエーサー インフラレッドを発売しています。今回発売する新モデル、ロレアート アブソルート インフラレッドも、やはり中国本土向け限定で製作されています。ジラール・ペルゴ 1945今年後半には、中国という重要な地域に取り組む姿勢の表明として、中国で初のジラール・ペルゴ正規販売店が開設されます。

ロレアート アブソルート インフラレッドは、PVD 加工されたグレード 5 チタン製の 44mm ケースを備えています。軽量で着け心地が良いために選ばれたチタンで製作されたケースには、PVD 加工により、崇高さが感じられます。現代的なデザインにもかかわらず、卓越した伝統的なクラフトマンシップにより、ポリッシュ仕上げとサテン仕上げがケース全体に巧みに施されています。このモデルの八角形のベゼルは、1975 年の有名なロレアートで初めて発表されたデザインであり、美しい外観を生み出し続けている特徴です。

この最新モデルの文字盤は、時間のかかる工程により製造される最新素材のフォージドカーボンで製作されています。最初に用意するのはカーボンファイバーの糸で、これを様々な長さに切断し、正確に計量し、金型に押し詰めます。カーボンファイバーの束に液体樹脂を加え、その後に加熱と加圧を行います。この素材を、目的の形状と厚さにフライス加工して、強靭かつ軽量の文字盤を製作します。カーボンファイバーの束は、ランダムな向きで押し詰められているため、それぞれの文字盤には独特の模様が現れます。



先端が赤いバトン型の時針と分針、および大胆な赤のインデックスが、時間を明確に表示します。オーデマピゲ コピー他のロレアート アブソルート モデルとは異なり、この新しいインフラレッド バージョンでは、サンドイッチ構造ではなく、ランダムな模様が描かれた魅力的なキャンバスとして、最新技術のフォージドカーボンが文字盤の表面に採用されています。インデックスは、従来の方法で文字盤に付けられているのではなく、文字盤の中心に向かってフランジから下向きに伸びています。


【関連記事】:http://reflecting.top

アーミン・シュトローム 「グラヴィティ・イークォル・フォース オンリーウォッチ 2021」~メカニカルアートとチャリティ

スイスの独立系ラグジュアリーウォッチブランド、アーミン・シュトロームは、2021年11月6日に開かれるオンリーウォッチ チャリティーオークションに、グラヴィティ・イークォル・フォースのユニークピースを出品します。


こんなに正確であったことはありません! グラヴィティ・イークォル・フォースは、コンスタントフォース伝達機構を採用した世界初の自動巻ウォッチです。オーデマピゲ 時計 中古 テンプに安定したパワー供給を行うことにより、ウォッチは常になめらかで均一な精度で作動します。

画期的なテクノロジーだけでなく、デザインとクラフツマンシップが飛び抜けて優れたタイムピースです。

ムーブメント – ブラック・プレートのギョーシェ・パターンは、アーミン・シュトロームの創立者の近しい友人であるカリ・ヴティライネンという有名なウォッチメーカーの手によるもの。
オフセンターに配置されたグレートーンのサファイア・ダイヤル(ブランド初)からは、ケース内の魅力的なメカニズムを存分に見ることができ、ブランドのデザイン哲学の中心にある透明なメカニズムへの情熱を物語っています。
このグラヴィティ・イークォル・フォースの特徴は、自社製造のマニュファクチュール・ムーブメントASB19であり、ダイアル側のオレンジ・コーティングされた3つのブラス製ブリッジ、ムーブメント側のオレンジコートのバランスホイールブリッジ、そして手作業により仕上げられたオレンジコートのステンレススティール製の針が、このモデルの驚くべき透明なメカニズムを引き立てています。 オレンジのハイライトはムーブメントのブラックプレートと見事なコントラストを見せています。

クラシックな41ミリ、ステンレススティール製ケースのアーミン・シュトローム オンリーウォッチ2021に組み合わせたのは、時計とマッチしたオレンジのステッチ付のブラック・ファブリック ストラップ。ウォッチにクラシックながらスポーティなタッチを添えます。

アーミン・シュトローム オンリーウォッチ 2021: 最高の限定モデル
グラヴィティ・イークォル・フォースのこの特別バージョンは、究極のユニークピース。ビエンヌにあるブランドのマニュファクチュールでデザイン・社内生産されました。 全てのアーミン・シュトローム ウォッチと同様、このムーブメントは2度組み立てられています。 一度目の組み立ての後、ムーブメントは分解され、一つ一つの部品が洗浄、乾燥、再組立と注油の工程を経て繊細な調整を行い、検査を済ませた後、再度ケースに戻されるのです。



グラヴィティ イークォル フォース: 時計の世界の新たな姿 
2019年に発表されたマイルストーン的存在のこのタイムピースは、アーミン・シュトロームのコアとなる価値を示しています: それはイノベーションをすべてのウォッチに反映すること。 透明性の高いメカニズムへのブランドの情熱と品格あるデザインを通じ、新たなプロダクトを提供しながら時計の世界の新しい姿を示し続けることです。

アーミン・シュトロームの共同設立者であるサージュ・ミシェルは、今回連続5回目となるオンリーウォッチへの参加についてこう語ります:

「多くの素晴らしいウォッチブランドが集う機会に今回も参加することができ、光栄です。毎日イノベーションを求めて挑戦を続ける私たちは、オンリーウォッチの名にふさわしい価値あるものをつくり出すことにチャレンジをすることに、私たち自身喜びを感じています。」

【関連記事】:http://klar.top

ユリス・ナルダン、新たに7つの「マリン トルピユール」を発表~175年にわたるクロノメトリーでの確固たる地位

キャノン砲を撃て!
クロノメトリー: 175 年にわたるユリス・ナルダンの真言


1846年の創業以来、クロノメーターの分野で確固たる地位を築いてきたユリス・ナルダンは、新たに 7 つの「マリン トルピユール」を発表しました。このモデルは、 175 年にわたる高級機械式時計の製造技術とサヴォアフェール(ノウハウ)を具現したもので、搭載したシリシウム・テクノロジー、トゥールビヨンと天文学の遺産、クロノグラフ、自社製のエナメル制作技術とデザインは、ユリス・ナルダンの卓越した技術の証です。


時のストーリー、高精度タイムキーピングの物語。

- 高精度は常に打ち勝つ力をもたらす。
- そして時間が常にスピードを制す。
- 時間だけが頼りなのだ。

ユリス・ナルダンのルーツや歴史のアバターと言える、2017年に発表した 「マリーン トルピユール」は、探検家たちがデッキ・クロノメーターを携えて大海原を駆け巡った 19 世紀の輝かしいマリーン・コレクションのクロノメーターの長い系譜に加わりました。
今日、この革新的で先見性のある創造を最も体現している時計が「マリーン トルピユール」です。創業175周年という記念すべき年を迎えるにあたり、ユリス・ナルダンは 2 つの新しいムーブメント、コンプリケーション、クロノグラフ、そしてエナメル文字盤など、「マリーン トルピユール」のコレクションにフォーカスしました。すべての新作は限定生産で、6時位置のスモールセコンドカウンターに「Chronometry since 1846」のサインが入ります。コアコレクションと比べてミニッツサークルを軽くしています。

スイスの時計産業の中心地であるジュネーブで開催の「ジュネーブ・ウォッチ・デイズ」において、この新しい「マリーン トルピユール」7 モデルを発表しました。 マリーン トルピユールは、ル・ロックルとラ・ショー・ド・フォンにあるスイスの時計メーカー、ユリス・ナルダンの自由な精神と、今日まで守り続けてきた卓越性の哲学と精度の追求を体現しています。

1846年 遥か彼方からやってくる本物の物語。
マーベリックから、フリースピリット、ジェントルメンや冒険家たちまで



1846年、ユリス・ナルダンはスイスのル・ロックルに自らの名を関した時計工房を設立しました。ユリス・ナルダンとその子孫であるポール・デビッド・ナルダンは、世界中の海軍にマリンクロノメーターを提供し、優れた時計技術を競うコンテストで優勝したり、航海に欠かせない道具の製作を依頼されたりするなど、輝かしい功績を残しました。それから50以上の海軍や測地研究所、天文観測所に製品を提供しました。ユリス・ナルダンのポケットクロノメーターは、世界中の海軍士官や商船隊長が欲しがる最も価値のある時計のひとつでした。このような海洋の歴史を背景に、技術的性能と洗練されたデザインを究極に表現したアイコニックなマリーン クロノメーターが誕生しました。2017年には、ユリス・ナルダンが現代のために製作した新世代のクロノメーター、「マリーン トルピユール」が登場しました。その昔、大型船よりうまく立ち回ることができた比較的小型の駆逐艦にちなんで名付けられたこのモデルは、現代の探検家のための時計です。ユリス・ナルダンのアイコンである「マリーン クロノメーター」を軽量化、薄型化した「マリーン トルピユール」は、自由な発想を持つ冒険家のために作られました。

クロノメトリー(時刻測定法 ):時計時技術の中でも最も高度な技を必要とするもので、1846年創業以来、ユリス・ナルダンは熟練した時計製造の伝統を受け継いでいる独自の専門領域です。18世紀、長距離航海を可能にする精度を備えたマリンクロノメーターが航海用計器として使われ始めました。当時のマリンクロノメーターは、経度を知るために必要な天文学に基づいたナビゲーションや正確な時間計算の専門知識を補うものでした。当時のデッキクロノメーターは、GPS や戦艦のレーダーシステムのように、戦略上不可欠なツールだったのです。



ユリス・ナルダンのマリーン トルピユールの全艦隊は、2021 年に出航する準備が整いました。

これらの精密機器はすべて、フルーテッド縦溝ベゼル、ローマ数字、ダブルカウンターなど、歴史的なマリンクロノメーターのコードを受け継いでいます。シリシウム製脱進機を搭載した各モデルは、ブランドの歴史の遺産とコードを受け継いだ独特の外観にデザインしました。コレクションのアイコンであるマリーン トルピユールのブルーエナメルの他に、パンダ、ムーンフェイズ・ホワイト、ムーンフェイズ・ブルー、クロノグラフ・ホワイト、クロノグラフ・ブルー、ローズゴールドのトゥールビヨン グラン・フー エナメル ブラック があります。
時計にはアリゲーターストラップに加え、漁網を再利用した R ストラップにも対応しています。それぞれの時計は、身に着ける人と同じように個性的で、人生の冒険というユニークな航海のために、それぞれ現代のユリシーズに寄り添うことでしょう。

【関連記事】:悠久歴史腕時計ブランド

Trilobe 3年連続でGPHGの<プティ・エギュイ>(小さな針)部門にノミネーション!

21回目を迎えるGPHGジュネーブ ウォッチ グランプリのプレセレクションの審査結果が発表されました。Trilobeは3年連続で<プティ・エギュイ>(小さな針)部門にセレクトされました事を大変嬉しくここに発表いたします。針のない時計がこの部門のプレセレクションに選ばれる事自体、ラッキーな偶然でしょうか、それともアカデミーの斬新さでしょうか。チュードル 時計「時を解放」する針のない時刻表示というマジックの結実が、そんな“ウィンク”を導いたのでしょうか。


このプレセレクションは、Trilobeの3年間にわたる開発への評価を確固たるものにしています。

ブランド創設年から3年間継続してGPHGのノミネーションを受けている
マイクロローター搭載の自社製自動巻きムーブメント « X – セントリック » のローンチ
ブランドのスタープロダクトで、カスタマイズできるシークレット ウォッチのローンチ
新しいコレクション"ニュイ・ファンタスティック"のローンチ
グローバルな販売拠点の拡大(フランスを始め、US,メキシコ、HK、ドイツ、ベルギー、ナイジェリア、など)
2021年度のOnly Watchにて、世界的に著名なアーティスト、ダニエル・ビュレンとのコラボレーションを実現。オメガ スピードマスター 偽物オンリーピースである置き時計<相反>を発表。芸術と時計製造の融合により大胆にも詩的な美しさを見事に表現
時計業界のプレステージあるブランドに並び、2021年度のWatches & Wondersに初参加。


今年は新コレクションである "ニュイ・ファンタスティック"がGPHG の注目を得ました。
この時計のデザインは、パーセプション(知覚)を楽しむ時刻表示がポイントです。エレガントな黒いダイアルは、技術的にもチャレンジングなサンドブラスト加工が施されています。文字盤上の4つの機構のうち3つが常に回転しています。この特異な文字盤には3つの機構がデザインされています。一番大きな円環は時刻表示、分表示は小窓、秒表示は、レイルウェイトラックに囲まれた中央にクル・ド・パリを施した円盤が回転する事で表示されます。分と秒の組み合わせは小窓から垣間見られ、回り続ける時刻表示はダイアル上を反時計回りに回転します。

ユニークなブランドのエスプリを反映し開発された"ニュイ・ファンタスティック"はTrilobeのシグネチャーである自動巻きキャリバー « X ‒ セントリック » を搭載しています。厚さ5.78mm のこのムーブメントにはマイクロローターが搭載され、その精度の高さと繊細さを象徴としています。

グランプリ
GPHG ジュネーブ ウォッチ グランプリでは、2021年度のオフィシャル プレセレクションをサイト内で発表しています。gphg.org. 全84点の時計がプレセレクションとして選ばれ、2021年10-11月の間、ジュネーブ、パリ、ドバイ、サンクトぺテルブルグにおけるエクスポジションにて巡回展示されます。

【関連記事】:ファッションに関するすべての製品と情報

ロンジンのブランドアンバサダーに本木雅弘さんが就任! ロンジンのタイムピースが引き立てる大人のエレガンスとは

スイスのサンティミエに拠点を構え、1832年に創業したロンジン。「伝統、エレガンス、パフォーマンス」を時計作りの柱に据え、190年以上にわたり高品質な機械式時計を作り続けてきた。

2005年には、ロンジンが誇る時計作りへの情熱の証しとして「ロンジン マスターコレクション」を発表。オリス時計修理長年にわたって培われてきた革新的な技術を取り入れ、さらにエレガントで洗練されたデザインを特徴とする同コレクションは、まさにロンジンの時計作りの歴史に対するオマージュと言える。


今回、ロンジンのブランドアンバサダーに俳優の本木雅弘さんが就任。10月からは始まった「ELEGANCE IS AN ATTITUDE」キャンペーンでは、本木さんが「ロンジン マスターコレクション」のムーンフェイズモデルを着用。ロンジンが表現するエレガンスと俳優として輝かしいキャリアを歩んできた本木さんが醸し出す円熟したエレガンスとが見事な調和を見せている。

その様子は、本木雅弘さんが出演するロンジンの特別サイトに公開されているムービーでも見ることができる。日本を代表する名優が魅せるロンジンのエレガンスをぜひご堪能あれ。



径40㎜。自動巻き。SSケース。レザーストラップ。パワーリザーブは約66時間。41万9100円
本木雅弘さんが腕に纏うのは「ロンジン マスターコレクション」。クロノグラフ機能に加えてムーンフェイズも搭載。複雑な機械式時計の機構を楽しめる1本だ。光沢のあるサンレイ加工のダイヤル、エレガントなブルーの文字盤にブルーのレザーストラップを組み合わせ、知的でエレガントな雰囲気を醸し出している。


【関連記事】:http://attendees.top

完璧な透明化を実現「ビッグ・バン ウニコ サファイア」。『見える』と『見えない』の哲学

オール ブラックのコンセプトの登場から10年を経た今、この「マストハブ」なトレンドアイテム誕生10周年を 記念してウブロは常識を覆します。ブランドはそのアイコニックなウォッチにおいて、『可視』と『不可視』からなる新たな弁証的課題 『透明性』を提起します。時計の外装を『見えなく』することにより、内部の構造とムーブメントが完全に『見える』ようになりました。



ウブロ会長 ジャン-クロード・ビバー氏のコメント


「ブラックカラーは可視光をすべて吸収し、光を反射しません。これがオールブラックです。一方『ビッグ・バン ウニコ サファイア』は透明で、どんな光も吸収せず、透過させてしまいます。両者は同じ二重性を想起 させます。それは可視性と不可視性の同時存在、『見える』と『見えない』の共存です」


  10年前、ウブロは「オールブラック」コレクションを世に出し、まったく新しい先駆的なコンセプト、『見えない 可視性(Invisible visibility)』を提案しました。これはブランドの神髄を象徴する哲学であり、時を告げる機能に 『見えない』という解釈を加えた時計は、ブランドを象徴するタイムピースとなったのです。パワフルでアイコニックなデザインは洗練されたファッションとしても認知されました。今なお、ウブロはこのモノクロームなオールブラックのスタイルにおける先駆的な存在です。


  スケルトンムーブメントの提案に続いて、ウブロはそのすべての可視化を試みています。透明なケースにより、 ミドルケース、ムーブメント、時計の心臓部がすべてがあらわにされました。『見えない』ストラップに至るまで 透明性にこだわった最新のコンセプトです。象徴的意味や表現ではなく、このビッグ・バンのすべてがむき出しなのです。仕上げ、テクスチャー、素材が融合し、1つの不可分な全体を作り上げています。



『見える不可視性(Visible invisibility)』 (ウブロCEO リカルド・グアダルーペ氏のコメント)


「オールブラックは、『見える』のに時間表示は『見えない』。ビッグ・バン ウニコ サファイアは『見えない』のに時間表示は『見える』のです。このウォッチでは、ウブロの自社開発ムーブメント『ウニコ』のすべてが『見える』ようになっています。何も隠さず、その構造とムーブメンのすべてを浮き立たせる時計です」

「ビッグ・バン ウニコ サファイア」のミドルケース、ベゼル、ケースバックには、切り出したサファイアガラスが 使われています。この素材はダイヤモンドにほぼ匹敵する硬さ(モース硬度:サファイアガラス9、ダイヤモンド 10)と傷つきにくさを備えています。ウブロは特別なパートナーシップの一環としてスイスの専門家の協力のもと、時計を支える柱となるほんの数個の部品、すなわちスクリュー、リュウズ(シリコンでオーバーモールド)、Dバックルがチタニウム製です。透明なレジン製のスケルトンダイアルから、自社開発のウニコムーブメントの すべてのギアとその仕上げを眺めることができます。優美なシルエットをさらに際立たせているのがストラップです。透明の『見えない』ストラップから肌が透けて見えるようになっています。


  ミニマルなスタイルで非常に軽量なタイムピースは、まちがいなく新しいトレンドとなることでしょう。


【関連記事】:プレゼント何あげる?母の日ギフト人気ランキング

「オーデマ ピゲ」から日本限定モデルが登場!エレガントに手元を彩る2型に注目

オーデマ ピゲ」から、日本との絆を記念した限定モデル2型が登場!


AUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ)「ロイヤル オーク トゥールビヨン エクストラ シン」
世界三大高級時計メーカーのひとつに数えられているスイス発の時計ブランド、AUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ)が、長きにわたる日本との絆を記念し、hacopy 届く?「ロイヤル オーク トゥールビヨン エクストラ シン」の日本限定2モデルを発表しました。

銀座、名古屋、大阪のオーデマ ピゲ ブティックと、YOSHIDA 東京本店のみで、数量限定販売されます。

エレガントな雰囲気が際立つ「ロイヤル オーク トゥールビヨン エクストラ シン」



ケースバック部分 ©オーデマ ピゲ
約70時間のパワーリザーブを備えた自社製の手巻きキャリバー2924が搭載され、わずか4.46ミリという薄さを誇るエクストラ シンの複雑ムーブメントで登場し、上品なK18ホワイトゴールドケースに、緻密な仕上げ技法が用いられたラグジュアリーな仕上がりです。

スーパーコピーブランドパワーリザーブ表示はムーブメントの裏面、10時位置に配置され、サファイアケースバックから確認することができます。

「ロイヤル オーク トゥールビヨン エクストラ シン」



ダイヤルのスモークグレーカラーが、ロジウムカラーのトゥールビヨンとトゥールビヨンケージを鮮やかに引き立てる限定20本のモデルです。


【おすすめの関連記事】:http://hayumora.top

2021新作 よく見ると分かる、クラシックなドレスウォッチに施された再定義。アーミン・シュトローム「トリビュート1」のブラックおよびブルーバージョンが登場


アーミン・シュトロームは、伝統と透明なメカニズムを融合し続けずにはいられません。
 アーミン・シュトロームが、ブランドのパイオニア的存在であるトリビュート1の新作モデル2種の発売を発表しました。クラシックなドレスウォッチにポストモダンな解釈を施したこの時計は2021年6月、わずか25本の限定モデルとして発売され、即座に完売となりました。18Kホワイトゴールド製バレルブリッジを搭載したグレーのトリビュート1 ファースト・エディション入手の機会を逃した熱狂的な時計ファンには、今がお手元のコレクションに新しいモデルを加えるチャンスです。ブラック・ダイアルとブルー・ダイアルの二つのリファレンスは、それぞれ100本の限定モデルです。


アーミン・シュトロームのオンタイムな独自のひねり
 アーミン・シュトロームのトリビュート1を遠目に見ると、クラシックな手巻きドレスウォッチとして目に映ることでしょう。魅惑的なスリムな形状をした38mmのステンレススティール製ケースのプロポーションは絶妙そのものです。ストラップはエレガントなアリゲーター製。パネライ 時計 人気何もかもオート・オルロジュリーのドレスウォッチに期待する外観です。しかし、じっくり眺めてみると、マスター・ウォッチメーカーのクロード・グライスラーが古くから伝わる時計製造の伝統を取り入れつつ、実はブランドのオンタイムな独自のひねりを心にとめる男女向けの時計スタイルを今一度、再定義していることにすぐに気づきます。



3つの妙
 アーミン・シュトロームのどの時計もそうであるように、トリビュート1も3つの妙を備えています。まずは、時・分・秒を表示する控えめなオフセンターダイアル。ダイアルとの強いコントラストが魅惑的な隣接するプレートにはグレナージュ仕上げが施されており、光の当たり具合によってダイアルの色調を一つのシェードから別のシェードへと微妙に変化させます。これだけでも十分特徴的なフェイスですが、アーミン・シュトローム選り抜きのタイムピースのホールマーク、バレルブリッジで一段と輝きが増します。そして、トリビュート1のリューズは2時位置に。装着感がより一層高まるディテールです。

 高効率のモーターバレルを搭載した自社製キャリバーAMW21のパワーリザーブは約100時間と驚異的。バレルの軸はメインスプリングの周囲を回転しています。


非凡な手仕上げ
 トリビュート1の特徴は、アーミン・シュトロームが心を砕きながらムーブメントに施す非凡な手仕上げにも表れています。クロード・グライスラーは次のように語ります。「この時計のディテールはどれも私を夢中にさせますが、仕上げはまた格別です。例えばバレル。タイムピースのダイアル側に見えるこのバレルは、手作業でていねいに装飾されます。これは非常に時間のかかる作業です。また、製造、ポリッシュ、装飾もすべて社内の人間が手作業で行っています。これは骨が折れる作業ですが、こうして高品質を確保し、一方でリーズナブルな価格も維持し続けているのです」



「理由は必ずある」
 アーミン・シュトロームの共同設立者であるクロード・グライスラーとサージュ・ミシェル、そしてこの二人のチームは、グライスラーが次のようにまとめる原則にのっとって作業をしています。「新しい時計が生まれる理由は必ずある」。表面に見えているメッセージはシンプルですが、その裏には一つの哲学が隠されています。ブランドは、ビンテージ懐中時計からインスピレーションを得ることも珍しくないクラシックな時計づくりの価値観と現代的なムーブメント革新の融合を実践し続けています。ブランドの時計は、新しくまた意味深い何かを時計作りの基準に捧げながら、それぞれが「ここにある意味」を生み出しているのです。


トリビュート1 ― 手巻き、手作業による仕上げ・クラフトマンシップ・装飾
 アーミン・シュトロームは、熱烈なファンが興奮でめまいを起こすほどのモデル、トリビュート1に、ブラック・ダイアルとブルー・ダイアルの新しい二つのリファレンスを用意しました。その製作上のキーワードは「手」です。この手巻き時計の仕上げやハンドクラフトマンシップ、装飾の多くが手作業で行われており、その一方で価格は1,980,000円(税込)と驚くほどお手頃です。ケースバックにエングレーブされた「1 of 100」の文字は、限定生産数を表しています。

【おすすめの関連記事】:http://klar.top

カルティエ(Cartier)静寂な空間を邪魔せず時の訪れを無音で知らせる


カルティエは、ジュエリーと腕時計のブランドです。ローマ数字を使ったインデックスと、メタリックなブルーの剣型針が特徴。また、宝石などをあしらわずとも時計自体のフォルムがシンプルで美しいと人気なメーカーです。



ベゼルに18Kのイエローゴールドを使用した、煌びやかなメンズウォッチ。ケース幅36mmで、クォーツムーブメントを採用したアイテムです。インデックスにはローマ数字とアラビア数字の両方が刻まれています。

また、3時方向にデイデイトが搭載しているのも特徴。ホワイトのダイヤルにブルースティール製の剣型針を合わせるなど視認性を高めているのもポイントです。



3時位置にデイト表示、6時位置にスモールカウンターを搭載しているのが特徴。カルティエ独自の機械式ムーブメントを積んだメンズ腕時計です。サファイアのケースバックから、ムーブメントの動く様子が確認できます。

ブラックのダイヤルにホワイトのローマ数字やポリッシュドスティール製のリーフ型秒針を合わせており、視認性が高いのもポイント。手元から上品な印象を与えられるアイテムです。

【関連記事】:http://meteorites.top/

ブライトリング《新時代の鼓動が聞こえるか?》

世界から総勢65ブランドが出店する日本最大級の時計展「三越ワールドウオッチフェア」。限定品、稀少モデルなどとともに奥深き時計の魅力にドップリ浸れる13日間は8月15日(水)からスタート! その前に、今回の注目モデルをフライング・チェックする。

BREITLING
ブライトリング/ナビタイマー 8 B01 クロノグラフ 43



SSケース、43mm径、自動巻き。83万円/ブライトリング・ジャパン︎ 03-3436-0011
大空へのロマンと確かな技術に裏打ちされた伝統を今に伝えながらも、ブライトリング新時代の幕開けを感じさせる「ナビタイマー 8」。オーデマピゲ 時計 メンズその名は、かつてコックピット計器などを製造するために社内に設置された研究機関「ユイット(仏語で8の意味)・アビエーション」にちなんだものだ。

本作は自社開発ムーブメント「キャリバー01」を搭載。ブルーの文字盤に、メタリックな30分積算計と12時間積算計、日付表示ウインドーという組み合わせが、潔いほどシャープな印象を与える。



SSケース、41.5mm径、自動巻き。59万8000円〜/ルイ・ヴィトン 0120-00-1854 ※価格はストラップにより異なります
仏語で太鼓を意味する「タンブール」は独特なケースフォルムが魅力。誕生15周年となった昨年、サイドを内側に凹ませた新ケースを採用する「タンブール ムーン」が登場、今年は深みあるブルーダイヤルも仲間入りした。

中央部にはお馴染みのダミエ・パターンをイメージしたデザインが施され、GMT針の鮮やかなイエローも美しい。ブランド時計 コピーその顔を眺めているだけで、心は旅へと誘われる。ストラップは簡単に付け替え可能。

※ルイ・ヴィトンは三越ワールドウオッチフェアには出店していません。日本橋三越1階にある、ルイ・ヴィトン 三越日本橋店にて取り扱い予定です。


【関連記事】:ベーシックかつ上品なデザインで、世界中のハイクラスな女性達を魅了し続けるCELINE(セリーヌ)

腕時計に込めた“カラクリワールド”の常識破りなスペック

小さなボディに仕掛けられた壮大なカラクリワールド。厳しい環境に立つ使い手のために開発された常識破りのスペックをご覧あれ。

RICHARD MILLE
リシャール・ミル/RM 53-01 トゥールビヨン パブロ・マクドナウ
優雅さに秘めたタフネスはポロにふさわしい



年内発売予定。カーボンTPTケース、縦49.94×横44.5mm、手巻き。1230万円[予価]/リシャールミルジャパン 03-5511-1555
ポロ競技のチャンピオン、パブロ・マクドナウ選手のために開発された。フランクミュラー レディースエレガントに見えるポロも、馬上から全力で振られるマレットの衝撃は破壊的で、2012年に発表された第1弾は、これに耐えるためにチタンの鎧で全面が覆われていた。

第2弾の新作は、時計では初めて薄いポリビニールフィルムを2枚のサファイアクリスタルで挟み、たとえヒビが入ることはあっても砕け散ることはない。

さらに0.27mmの極細ケーブルを使ってムーブメントを吊るすサスペンション構造を採用。デリケートなトゥールビヨンを振動や衝撃からしっかりと守るのだ。

PANERAI
パネライ/ラジオミール 1940 ミニッツリピーター カリヨン トゥールビヨン GMT-49MM
海で磨かれた革新のミニッツリピータ−

K18レッドゴールドケース、49mm幅、手巻き。3900万円/オフィチーネ パネライ 0120-18-7110
航海では時間は船鐘で伝えられ、海の世界と深く関わるパネライにとって、ミニッツリピーターの導入は当然の帰結だったのだろう。

通常の2つではなく3つのハンマーを持つカリヨン式を採用し、単音で時と分、3連音で10分を示す。これも一般的な15分ではなく、10分ごとにすることで、音でも時刻がよりわかりやすく確認できるのだ。

もうひとつの画期的な機能は、セカンドタイムゾーン機構に合わせ、時間を選べること。9時位置のセレクターがホームとローカルのいずれかの時間帯を表示し、その現在時刻を時打ちで知ることができる。

旅をより優雅に変える、心憎い機構である。

ANGELUS
アンジェラス/U50 ダイバー トゥールビヨン
常識を覆すトゥールビヨン搭載ダイバーズ



チタンケース、45mm径、手巻き。357万円/ブローバ 0570-03-1390
ブランド初のダイバーズウォッチにして、なんとトゥールビヨンを搭載。

しかも300m防水とヘリウムの自動減圧バルブを装備した本格機能にもかかわらず、回転式インナーベゼルに、スケルトンダイヤルという従来の常識を覆す仕様に驚きを隠せない。

4年をかけて開発されたムーブメントは、地板と受けという通常の構造ではなく2枚のプレートに挟み込まれるように設計され、オープンワークにより大幅な軽量化を図る一方、剛性にも優れる。

また、スポーティでありながら、どこか伝統的なドレスウォッチの面影を残すルックスも魅力のひとつ。シンボリックな6スポークデザインは、ダイビングのようなハードな環境下でも精度を守る。


【関連記事】:高品質かつおしゃれで使いやすい!

小さな時計の内側に大きく広がる“機械の世界”とツナガル

近年、人気のある時計のスタイルがスケルトンだ。文字盤を省き、内蔵のムーブメントを露わにする。そこにあるのは無機質な機械だが、それは時計のアイデンティティでもある。むき出しになった機械の世界にツナガルことで、その本質に触れるのだ。

時計の役割は、時間を計り、示すことであり、文字盤の内側に秘められた機械は、本来その裏方にすぎない。そして文字盤がフェイスといわれるように、流行を取り入れたり、鮮やかに装飾を施して、女性がメイクをするがごとく、いかようにも“化ける”ことが可能だ。

これに対して、機械であるムーブメントは基礎であり、スケルトンはいわば“すっぴん”だ。自社開発生産であれば、なおさらそのブランドの技術力や理念がそのまま表れる。そこに真似やごまかしは利かない。だからこそ唯一無二のオリジナリティとなり、その自信を持ってして素顔を晒す。それがスケルトンということである。



シャネルの「ボーイフレンド スケルトン」は、そんな素顔美人である。最新の自社ムーブメントは、輪が連なるデザインから着想され、その美しさを崩すことなく、設計された。もちろん精度や実用性、耐久性に妥協はない。そうしたブランドの美意識に目を奪われるのだ。

スケルトンは、一般的な時計に比べて決して時間を読み取りやすいとはいえない。だが気付くだろう。時間を見るのではなく、時計を眺めていることを。それが機械の世界とツナガルということなのだ。


そもそも機械式時計とは歯車と歯車が噛み合い、ツナガルことで時を刻む。ということで、その基礎知識を簡単に解説。機械式時計の構造は大きく4つに分かれる。

1つは動力源となるゼンマイを内蔵した香箱(A)、そして2つ目は動力を伝達するための歯車の輪列で、2番車(B)、3番車(C)、4番車(D)からなる。3つ目が歯車の回転速度を調整するための調速機であるテンプとヒゲゼンマイ(G)。そして両者をつなぎ、歯車の動きを調整するガンギ車(E)とアンクル(F)の脱進機という4つだ。

作動原理は、ゼンマイの回転動力が輪列を通じてテンプに伝わり、ヒゲゼンマイとによる回転振動の等時性が、脱進機を介して、一定のリズムを持った規則正しい回転運動として輪列に戻される。その一連の運動が4番車に付けられた秒針、2番車の分針として示される。

CHANEL シャネル
ボーイフレンド スケルトン
“美しさは多くを語らない”の理念が生んだ美しき連弧



K18ベージュゴールドケース、縦37×横28.6mm、手巻き。476万2500円/シャネル 0120-525-519
自社ムーブメントの3作目にして、開発に3年を要した初のスケルトン仕様のキャリバー 3.を搭載する。通常は同心円状に配列される輪列を縦に並べ、連なる輪のオープンワークが深い奥行きに浮き上がるように演出する。

さらにこれを際立たせるのが、「ボーイフレンド」の八角形ケースで、ポリッシュ仕上げのベージュゴールドはまるで額縁を思わせ、その高貴なコントラストを際立たせている。“美しさは多くを語らない”という理念のもと、これまでもムーブメントのパーツ製作を担ってきたローマン・ゴティエが関わり、シャネルのウォッチメイキングの進化を象徴する。

PATEK PHILIPPE パテック フィリップ
カラトラバ・スケルトン
クラシックな手彫りの美しさに輝きを増すモダニティ



K18ローズゴールドケース、39mm径、自動巻き。1075万円/パテック フィリップ ジャパン 03-3255-8109
「カラトラバ・スケルトン」に搭載する名作キャリバー240の誕生40周年に当たる昨年、こちらのローズゴールド仕様が加わった。地板と受けには精細な透かし彫りが施され、さらに配される構成パーツにも130時間を要する、唐草や渦巻きの見事な模様が装飾される。

また香箱にはブランドを象徴するカラトラバ十字を掲げ、王道ブランドに相応しいスケルトンの美観を表現している。だがそれをクラシックな復古主義に終わらせず、マイクロローターを搭載し、紫青色に輝くシリコン製ヒゲゼンマイといった現代の技術で磨きをかけているのだ。

ARNOLD & SON アーノルド&サン
タイム・ピラミッド-ブラック エディション
透明なフェイスにそびえ立つ、精緻なピラミッド



世界限定50本。SS(ブラックDLC加工)ケース、44.6mm径、手巻き。344万円/ブローバ 0570-03-1390
両面サファイアクリスタルのフェイスに浮かび上がる自社ムーブメントは、下方にオフセットした時分針のインダイヤルを中心に、天頂にテンプを掲げる左右対称のデザインを採用。その形状からピラミッドと名付けられ、ブランド名にもなる時計師ジョン・アーノルドと息子ロジャーが200年以上前に作ったレギュレーターと、英国の古いスケルトンクロックに着想を得たものだ。左右にはふたつのパワーリザーブインジケーターを備え、それぞれの香箱の動力の減衰をリレー式に表示する。わずか4.4mmの薄さに伝統と独創性が存分に注がれたタイムピース。


【関連記事】:セレブに愛されるレプリカショップ

フェルディナント・ベルトゥーがGPHG(ジュネーブ時計大賞)2021において、クロノメトリー賞を受賞

2016年、クロノメトリー・フェルディナント・ベルトゥーの初作となったクロノメーター「FB 1.1」モデルは、ジュネーブ時計大賞(GPHG:Grand Prix d’Horlogerie de Genève)の最高賞である金の針賞(Aiguille d'Or)を受賞した。時計スーパーコピーあれから3年、2回目のGPHGへのエントリーを果たしたクロノメトリー・フェルディナント・ベルトゥーは、同大賞のクロノメトリー部門において、浸炭スティール製レギュレーターモデル「FB 1R. 6-1」で、再び栄誉を手にした。



センターセコンドを持つ数少ないトゥールビヨンのひとつ
クロノメトリー・フェルディナント・ベルトゥー「FB 1R.6-1 Carburised Steel Regulator」
手巻き。フュゼ・チェーン式トゥールビヨン(コンスタントフォース機構)。2万1600 振動/時。C.O.S.C.認定クロノメーター。パワーリザーブ約53時間。浸炭SSケース(直径44 mm / 厚さ13.95 mm)。30 m防水。29,290,000円(税別)



黒ではない、炭黒と呼ぶべきケース
 聞き及びのない素材がケースに使用された。浸炭スチールとは、ガス相の炭素を熱化学拡散することによって分子構造が強化されたスチールだ。表面で1200ビッカースもの硬度が保証され、高い耐久性がもたらされる。また精度も抜群だ。数ある時計規格の中でも最も厳格といわれる「カリテ フルリエ」において、その着用精度を検証するフルリテストのフルサイクルの2 回の検査で、「FB 1R.6-1」は素晴らしい結果を示した。様々な姿勢条件を加えたにもかかわらず、同モデルの精度差は極めて微小であり、36回のテスト中33回で1秒未満の数値を示し、ウチ18回のテストでは日差0.5秒以下を記録した。



吊り下げ式可動円錐パワーリザーブ機構と螺旋型ばね
特許出願中のこのパワーリザーブ表示装置は、ケースバック側のハーフブリッジの開口部から見える円錐台が香箱に連結したウォームねじに沿って上下する。ブライトリング コピーこの片側支えの円錐台には先端にルビーの付いた探触子が設置され、香箱の巻き上げ状態によりその位置が変わる。レギュレータープレートの開口部から見える繊細に面取りロジウム加工された一連のレバーに、この探触子が主ゼンマイで蓄積されたエネルギーの量を伝達することにより、パワーリザーブ表示針の移動量が増幅される仕組みだ。流れの最後に位置する螺旋型ばねは、パワーリザーブ表示針の支え部分に力をかける。このばねにより、この機構の部品全体のあそびを補い、無類の精度でパワーリザーブが表示される。


【関連記事】:スイス優雅の腕時計

オメガ「シーマスター アクアテラ」に新色グリーンが追加投入

オメガのクラシックな「シーマスター アクアテラ」シリーズに、エレガントな表情を宿した新色のグリーンが加わり、より魅力的なラインナップとなった。



オメガ「シーマスター アクアテラ」
■自動巻き。39石。25,200振動/時。METAS認定のマスター クロノメーター。15,000ガウスの耐磁性能。SSケース&ブレスレット(直径41 mm)。約60時間パワーリザーブ。150 m防水。610,000円(税別)。※レザーストラップモデルは580,000円(税別)


世界的に人気沸騰中のグリーン文字盤



サンブラッシュ仕上げを施したダイアルには、クルーザーのウッドデッキを彷彿とさせる横ストライプの“オメガ OMEGA (アンティーク)”を採用し、これまでのアクアテラ シリーズが持つ美しいデザインを引き継ぎながら、よりラグジュアリーな雰囲気が高まった。

ブルー文字盤も新デザインが追加


また、ブルーダイアルの新モデルも同時に発表された。アクアテラ シリーズの中でも長く人気を博しているブルーダイアルだが、針やインデックス、オメガロゴなどのシルバーカラーとダイアルのブルーのツートーンカラーとなり、より端正な雰囲気を醸し出すデザインとなった。
 すべてのモデルに、オメガ コーアクシャル マスター クロノメーター キャリバー8900が搭載されており、時計には鮮やかな赤いマスター クロノメーター認定カードが付属される。これがスイス連邦計量・認定局(METAS)によって業界最高水準の認定を受けている証である。さらに、オメガのタイムピースにはすべて5 年保証が付いており、オーナーが安心して使える最右翼の時計である。


【関連記事】:お気に入り2021新品腕時計

ボーム&メルシエがオンラインブティックをOPEN、あわせてPHONE SALESもスタート

ボーム&メルシエの公式オンラインブティックがオープンし、またPHONE SALESがスタートした。PHONE SALESでは、オンラインでの操作を不安に思われている方や、実際に時計について相談をしながら購入を決めたいという方の為に専任アンバサダーによるサポートを実施している。オンラインブティックでは、時計の他、ストラップなどのアクセサリー類を追加で購入することも可能だ。


 オンラインブティックでは、時計の他、ストラップなどのアクセサリー類を追加で購入することも可能だ。ご自身へのお買い物はもちろんアニバーサリー(記念日)需要が高いボーム&メルシエでは、リアル店舗同様、オンラインブティックでも一生の記念となるエングレービングサービスにも対応している。


・送料無料
・ギフトカード無料
・無料エングレービングサービス
・先着でウォッチ用トラベルポーチプレゼント (時計購入に限り、なくなり次第終了)

フランク ミュラーが日本国内初のオンラインブティックを開設

フランク ミュラーは、日本国内初のオンラインブティック「フランク ミュラー eブティック」を開設した。フランク ミュラー eブティックでは、フランク ミュラーの数多くある革新的なモデルの中から厳選された時計などの宝飾品やコラボレートした伝統工芸品といった逸品が販売される。通常の店舗では取り扱われず、オンラインブティックのみで限定販売される珠玉の品をご覧いただきたい。



FRANCK MULLER e Boutiqueの開設に合わせて、時計の「ヴァンガード 7 デイズ パワーリザーブ スケルトン “グリーン”」と、伝統工芸品のBANKO が発売される。
ヴァンガード 7 デイズ パワーリザーブ スケルトン “グリーン”



フランク ミュラーの新たな 時” のコンセプトを基に、フランク ミュラー ウォッチランド社の高度な技術力と先進のテクノロジーを駆使し、約7 日間の長時間駆動を可能にした手巻きモデル。グリーンは、7 デイズ パワーリザーブ スケルトン シリーズ初のカラーリング。



ヴァンガードのラインアップには、カラーダイアルが存在するが、全体の数%でしか作られていない希少モデルであり、中でもグリーンは特に珍しい彩色のため、フランク ミュラーのコレクターに向けて作られたモデルだ。
手巻き。パワーリザーブ約7 日間。SS(縦53.70 mm×横44.00 mm×厚さ12.80 mm)。430万円。


【関連記事】:長野県のファッションブランド情報!

ティソ【2021 新作】直径46mmの頑強なケースを持つ「ティソ シースター 2000 プロフェッショナル」

ティソは、プロのダイバーに求められる高い機能性と品質を持つダイバーズウォッチ「ティソ シースター 2000 プロフェッショナル」を発表した。600mの防水性能を持つ46mmケースが特徴で、ブルー、マリンブルー、グレーの3種類がラインナップされる。

プロの要望に応える品質
 ティソが2021年の新作として発表したのは、本格ダイバーズウォッチ「ティソ シースター 2000 プロフェッショナル」である。スーパーコピー時計プロダイバーに求められる高い機能性と品質を持ち、同社のダイバーズウォッチの新しいシリーズとして誕生した。モデル名の2000はフィートを表し、600mの防水性能を備えていることを示す。


ティソ「ティソ シースター 2000 プロフェッショナル」
自動巻き(Cal.ETA C07-111)。23石。2万1600振動/時。パワーリザーブ約80時間。SS(直径46mm、厚さ16.25mm)。600m防水。12万8700円(税込み)。2021年7月発売予定。
 316Lのステンレススティールを使ったケースは直径46mm、厚さ16.25mmと大型で、非常に頑強なつくりである。高品質な素材を贅沢に使用することで、ステンレススティールが持つ強さを活かした、堅牢な設計を取り入れている。大型のケースは着用者を選ぶが、一方で潜水用の手袋を着用した状態での操作がしやすいというメリットをもたらす。ロレックス デイトナ コピーダイバーズウォッチに欠かすことのできない逆回転防止ベゼルは、大型だからこそ抜群の操作性を実現する。

 ダイアルには海の時計にふさわしく波模様が施され、太めにデザインされた針とインデックスの視認性は確かなものである。中心から外周にかけて濃くなるようにグラデーションが施され、浅瀬から深海へ進んでいくかのようだ。ダイアルカラーは3種類用意されており、ウルトラマリンブルー、ノルディックブルー、ダークストーミーグレーがラインナップに加わる。


信頼のロングパワーリザーブ
 このモデルが搭載するのはPowermatic 80(パワーマティック80)と名付けられた、ETAの汎用キャリバーをカスタマイズしたもので、パワーリザーブは約80時間を誇る。フランクミュラー レディースムーブメントの誤作動もしくは停止が、海中での活動を行うダイバーにとって命取りになる可能性もあるため、ロングパワーリザーブを持つ心臓部は頼もしい。また本機のヒゲゼンマイには、チタンベースの非磁性合金であるNivachron™️が採用されているため、磁気を帯びて精度に悪影響を及ぼす可能性が軽減されている。

エクスプローラー人気おすすめモデルスーパーコピー

シンプルでベーシック。それゆえ、「ロレックスの中で最も使いやすい」と評価されるエクスプローラー。
当店でもロレックスの数あるシリーズの中でダントツNo.1の人気を誇り、スポーツシーンにもスーツスタイルにも着用できる非常に汎用性の高いモデルです。

また、幅広い年代層から支持を得ていることは言うまでもありませんが、ロレックス腕時計専門店の中では長らく入門機としても高名で、20・30代メンズがエントリーモデルとして選択しやすい側面も注目すべきポイントとなります。


エクスプローラーI 214270

2010年の誕生以降、ずっと安定した需要を誇りつづけるのがエクスプローラーI 214270です。ちなみに当店GINZA RASINでは、売上高ではデイトナがナンバーワンですが、売上本数ではエクスプローラーI 214270がぶっちぎりのトップとなります。

デザイン自体は代々「シンプル」を踏襲していますが、現行ははるかにスペックアップ。特に耐磁性・耐衝撃性に富んだムーブメントCal.3132が当モデルから搭載されるようになり、探検家にふさわしい逸品に昇華されました。

ちなみに2016年に一度ランニングチェンジが行われており、針が太く長くなったこと・次いでインデックスの3・6・9に夜光が塗布され視認性が向上することとなりました。


なお、エクスプローラーIをしてリーズナブルと表現しましたが、近年では


なお、エクスプローラーIをして「入門機」と表現しましたが、近年ではそのイメージが影を潜めています。
なぜなら2021年4月にモデルチェンジとなり、新型124270が登場したためです。

これは、214270の先代114270を踏襲したと思われるデザインが特徴的な新作で、ケースサイズが36mmにサイズダウン。さらに文字盤レイアウトも114270に寄せられることとなりました。

これに伴い214270は生産終了。「生産終了したロレックスの相場は上がる」の方程式の通り、現在214270の中古相場は100万円超えが当たり前となっている状況です。

もっとも新型エクスプローラーIが出回れば状況は変わるかもしれません。もともと214270自体は流通量が少なくない個体であるためです。
とは言え年々グッドコンディションの個体は減っていくことが予想されますので、買う時期には気をつけたいですね。

エクスプローラーI 114270

旧エクスプローラーIも根強い人気があります。114270と214270は絶対に在庫を切らせないモデルのため、常時店内の在庫をチェックしています。

大きな特徴は、36mmという小径ケース。現在は40mm前後の直径が主流でしたが、かつてはメンズであっても、31mm~36mm程度のサイズ感が主流でした。今、再び昔の意匠がトレンドインしているせいか、114270も流行しています。ちなみに木村拓哉さんがドラマで着けていたのはこのもう一つ前の世代のモデルRef.14270ですが、やはり36mmケースとなります。



左:114270 / 右:214270

前項で「生産終了したロレックスは値上がりする」と申し上げましたが、114270は製造期間が長く流通量が比較的豊富であるにもかかわらず相場90万円超え…!状態にもよりますが年式が比較的新しく付属品完品個体などは100万円を超えることもしばしばです。

新作発表の影響が大きいと思われますが、今後の相場動向から目が離せませ

ベールを脱いだパテック フィリップ

「パテック フィリップがバーゼルワールドから撤退」という衝撃のニュースから数カ月。


「2020年の新作はいつ発表される?」という疑問に多くの噂が飛び交っていたが、先日の、新工場「PP6」の門出を祝う限定モデル「Ref.6007A」のリリースで、先の疑問は「ほかの新作も近々発表されるかも?」という期待に変わった。

それに応えるように7月14日、2020年の新作としてグランド・コンプリケーションが発表された。しかも3型同時に!

そのすべてが持っていた色にまつわるストーリーを追いかけよう。



グランド・コンプリケーションとは、創業者の一人アントワーヌ・ノルベール・ド・パテックが定めた「世界最高の時計をつくる」というモットーを忠実に体現した超複雑機構時計を指す。

金を纏った超王道
グランド・コンプリケーションの顔であり、カラトラバやノーチラスに匹敵するブランドのアイコンモデルのひとつが、永久カレンダー搭載クロノグラフ。

その歩みはパテック フィリップの歴史の一部だと言っても過言でなく、始まりは1941年初出の「Ref.1518」まで遡る。これまで何度かモデルチェンジを繰り返しているが、2011年に登場した「Ref.5270」は、その文脈を継ぐ極めて重要なモデルだ。



「永久カレンダー搭載クロノグラフ 5270」18KYGケース、41mm径、手巻き、1841万円/パテック フィリップ(パテック フィリップ ジャパン 03-3255-8109)
そこに新たに加わったのは、「Ref.5270」では初となるイエローゴールドのケースを纏った一本。シルバー・オパーリン文字盤とのコンビネーションはパテック フィリップの最も王道なスタイルで、普遍的な魅力をたたえている。

ケースバックから望む手巻きムーブメント。
もちろん、パテック フィリップ初の自社開発・製造による永久カレンダー搭載クロノグラフ専用ムーブメント「Cal.CH 29-535 PS Q」も健在である。


ページ移動