記事一覧

オリンピックの模様の水泳選手の好きな腕時計

主張の強いメカニカルな時計も良いが、超薄型のものを探しているのであれば『ブランパン』のこちらがおすすめ。ダイバーズウォッチの名作「フィフティファゾムズ」が有名だが、「ヴィルレ」もまた複雑機構や薄型モデルで高い評価を得ているモデルだ。この時計は超薄型の自動巻きで、95時間連続駆動が可能。世界最古のブランドの名にふさわしい、ただクラシカルなだけではない実用性も兼ね備えている。メッシュブレスと見まがうほど精緻な17連ブレスの磨き込まれた輝きも、実にエレガントだ。

モータースポーツとともに成長を続けてきた、『タグ・ホイヤー』の歴史を象徴する「カレラ」。タグホイヤー 時計 中古同ブランドが核心的なムーブメントを開発する度に惜しげもなく搭載されてきた「カレラ」だが、こちらの1本も自社開発のクロノグラフムーブメント、ホイヤー02が内蔵されている。高級クロノグラフの証とされるコラムホイールと垂直クラッチを採用しており、パワーリザーブも80時間を確保。今モデルではケースにセラミックが採用されており、43mmと程良いサイズを持ちながら腕馴染み良い軽さを実現している点にも注目したい。


フレンチ腕時計ブランドの雄『ベル&ロス』の代名詞といえば、2005年に発表された「BR01」及び「BR03」。まるで航空機の計器板からそのまま引き抜いてきたかのようなインパクト抜群の角型ケースが話題を呼び、多くの時計ファンが引きつけられた。オメガ スーパーコピーその『ベル&ロス』近年のヒット作は、腕時計の過去回帰のトレンドともうまく合致した「ヴィンテージ」コレクション。1940年代当時のパイロットウォッチをベースとし、大きくせり出したドーム型風防や、蓄光塗料が陽に焼けたようなブラウンカラーのインデックスなどコレクション名通り古き良き時代のデザインを現代技術をもって再現している。過去の時計への深い理解が表れた、趣のある1本だ。