記事一覧

ベールを脱いだパテック フィリップ

「パテック フィリップがバーゼルワールドから撤退」という衝撃のニュースから数カ月。


「2020年の新作はいつ発表される?」という疑問に多くの噂が飛び交っていたが、先日の、新工場「PP6」の門出を祝う限定モデル「Ref.6007A」のリリースで、先の疑問は「ほかの新作も近々発表されるかも?」という期待に変わった。

それに応えるように7月14日、2020年の新作としてグランド・コンプリケーションが発表された。しかも3型同時に!

そのすべてが持っていた色にまつわるストーリーを追いかけよう。



グランド・コンプリケーションとは、創業者の一人アントワーヌ・ノルベール・ド・パテックが定めた「世界最高の時計をつくる」というモットーを忠実に体現した超複雑機構時計を指す。

金を纏った超王道
グランド・コンプリケーションの顔であり、カラトラバやノーチラスに匹敵するブランドのアイコンモデルのひとつが、永久カレンダー搭載クロノグラフ。

その歩みはパテック フィリップの歴史の一部だと言っても過言でなく、始まりは1941年初出の「Ref.1518」まで遡る。これまで何度かモデルチェンジを繰り返しているが、2011年に登場した「Ref.5270」は、その文脈を継ぐ極めて重要なモデルだ。



「永久カレンダー搭載クロノグラフ 5270」18KYGケース、41mm径、手巻き、1841万円/パテック フィリップ(パテック フィリップ ジャパン 03-3255-8109)
そこに新たに加わったのは、「Ref.5270」では初となるイエローゴールドのケースを纏った一本。シルバー・オパーリン文字盤とのコンビネーションはパテック フィリップの最も王道なスタイルで、普遍的な魅力をたたえている。

ケースバックから望む手巻きムーブメント。
もちろん、パテック フィリップ初の自社開発・製造による永久カレンダー搭載クロノグラフ専用ムーブメント「Cal.CH 29-535 PS Q」も健在である。


コメント一覧

時計業界の新作発表 Eメール URL 2021年07月16日(金)16時15分 編集・削除

腕時計に関する情報をまとめたメディアです。腕時計に関するライフスタイル提案から、今さら聞けない知識など、腕時計が大好きな方へ情報を発信しています。